2014.10.12

WATERMAN パースペクティブ

前回のblogで紹介したLAMYのSafari。Safariはもちろんいい万年筆なのですが、もうちょっとお値段が高めな、いい感じのが欲しいな、ということで色々と万年筆を物色していました(沼にはまってます…)。
その中でカッコいい、かつ売っている値段が割安なもの、として目を付けたのがWATERMANのパースペクティブでした。
いくつかカラーバリエーションがありましたが、私が選んだのはホワイトです。ニブはF。
Img_7876_s

ペン先はスチールですが書き味はサラサラで、これまで持っていた万年筆とは一味違いました。とはいえ、鉄ペンなので特別しなるようなこともなく、Safariと感覚的には同じように使えます。
ペン自体は少し重めですが、Safariがちょっと軽すぎる感じがしていたのでこれはこれでいい感じです。
デザインはいわゆる“万年筆”チックな感じがなく、キャップをした状態だと万年筆に見えません。そのキャップは嵌合式ですぐに使えますし、キャップを外して出てくるニブは軸の細さに比べると大きめで、使っているときには万年筆としての存在感がいい意味であります。
ニブの大きさをSafariのものと比較してみました。
Img_7877_s

ニブの装飾も、パースペクティブのキャラクタのとおり直線的でカッコいいです。
というわけで、私はWATERMANのパースペクティブには主に青系のインクを入れて使っています。
(実はこの記事を作った時にはインクを抜いていたので筆記サンプルがありません…。)

2014.09.27

LAMY Safari

前回のblogで取り上げた、プレジール/プレピーに続いて、もう少し本格的な万年筆が欲しい…ということで、またまた日経トレンディネットのこちらの記事をもとに購入したのがLAMYのSafariです。

Img_7818s

“カジュアル万年筆の代表的なモデル”と紹介されている通り、Safariは注意して見ると意外と使ってる人がちらほらいたりしますね。

Img_7821s

現在では2本所有していて、最初に買ったのが白のEFニブ、2本目として買ったのが2013年限定カラー・ネオンのFニブです。実は2本目は買うつもりはなかったのですが、イエロー好きとして2013年限定カラーは早めに押さえておかねばなるまい!というきっかけで手に入れました(最初に白を買ったときにはそんなものがあるとは知りませんでしたし…)。
LAMYのSafariはさすが代表的なモデル、blogなどでも多数レビューがありますが、少しだけレビューを。
まずうちに来た白EFニブは引っかかりもなく、サリサリとしたいい書き味です。プレジール/プレピーの0.3よりも細い字で書けます(インクの問題もありそうですが)。
2本目のネオンFニブは使い始め多少引っ掛かりがありましたが、使っているうちにだいぶ滑らかになった気がします。ただ、1本目のEFニブのほうが書き味的には未だ上でしょうか。太さはFニブということで、多少EFニブよりは太いですがあまり変わらずで、うちに来たものはどうも細めのFのようです。ただ、このくらいの太さだとメモなどには使いやすいのでいいですね。

Img_7822s

写真を撮った時には、それぞれコンバータを使用し
 白Safari (EF):Pelikan Edelstein Tanzanite
 ネオンSafari (F):CARAN d'ACHE Grand Canyon
を入れていました。
書き味の差はあるものの、どちらもスキップしたりといった問題はなく、インクフローは良好です。

個人的には、白はオフィスでも違和感なく使えるので重宝しています。
ネオンはちょっと目立ちすぎというのと、書き味のこともあり、家でたまに使うような感じです。好きなんですけどね、この色。

2014.09.07

万年筆はじめました

たまたま万年筆に興味を持ちました。
きっかけは日経トレンディネットのこちらの記事。

中学生くらいに安いのを一本持っていましたが、キャップがネジ式なのが面倒だったのかな…あまり使うことなく今までやってきました。
仕事をしていても、昔の上司が紙にメモをする時に万年筆を使っていたりしていましたが、これまで興味を持てず…。

なのですが、たまたま上の記事を読んで、なぜか万年筆を買ってみたくなり、買ってみました。
買ったのは記事にもあった、プラチナ万年筆の「プレジール」
太さの選び方などはよく分からないのでとりあえず0.5にしてみました。…が、ちょっと太い??
ということで、プレジールとペン先(と言っていいのかな?)の交換ができる「プレピー」の0.3を後日買ってきて、付け替えて使っています(写真は付け替えていない状態です)。

Img_7708s「プレジール(アイスホワイト)」0.5と「プレピー(ブラック)」0.3。普段は中身を逆にして使っています。


インクは、とりあえず付属のブラックのカードリッジで使い始めました。
…おー、万年筆ってぬるぬる書けてなかなかいい。

とここで終わらないのが、万年筆の奥深いところ(らしい)です。
この後しばらく万年筆系の熱は続きそうです。

2014.08.16

Canon EOS M

子どもが生まれることになり、ミラーレス一眼を検討することにしました。
ホントは大枚をはたいて購入したEF-S 17-55mm F2.8 IS USMを活かせるEOS Kiss 7くらいが欲しかったのですが、普通の一眼は大きくていやだ、とあいかたからの承認が下りず…。

とはいえ、EFレンズをみすみす無駄にするのももったいないので、お手頃価格になったEOS M ダブルレンズキットを買いました。

20140816_003155524_ios_s2_2


3か月ほど使ってみた感想ですが、ネット上の評判通り、
・ピント合焦スピードがやっぱりトロイ
・撮影後のブラックアウトの時間がちょっと長い
といった感じはあるものの、慣れればまぁこんなもんか、とあきらめがつく範囲(他のミラーレス一眼使っていないので、その部分割引ですが)。
EF-Mレンズも含めて質感はいい感じ、Eye-Fiにも対応していて便利です。
それに、買う前からある程度分かっていましたが小さいから便利。さすがにEOS Kiss X Digital+EF-S 17-55mm F2.8の出番は減りました…。

ダブルレンズキットにしましたが、レンズは買って以来ほぼEF-M 22mm F2 STMをつけっぱなし。画質もいいし、普段はこれだけで問題ありません。

さて、次は評判のよいEF-M 11-22mmが気になっているところです。。。

blogの整備

久しぶりにblogの整備などをしてみました。
コメントスパムが500件以上たまっていたので、そのあたりの掃除とか。
…しかし、今時blogのコメントスパムって効果あるんですかね?甚だ疑問です。
逆にどこかのblogを見るときにコメント欄なんてほとんど見ないわけですし。

あと、ついでにデザインも変更してみました。

blogってすでにその役割は終わった…ような気もしていたけど、検索して引っかかるのはblogの記事も多いですよね。10~15年前のblogって、特定のblogを巡回して見るのがメインだったような気がしますが、そういう役割はとっくにFacebookやtwitterあたりになっていて、たまたま検索した結果に基づいたblogを見る、といった使われ方が多くなっているんだと思います。少なくとも私自身の使い方(読む側)はそうなってきています。

なので、連続性も重要ですが、テーマが特に決まっていないようなblogでは検索で引っかかった時に何らかの意味のある情報が載っているようなモノ、っていうのが求められているんですかね。
…なんてことをblogを整理していて考えました。

2013.08.11

イギリスのPrepaid SIM Card

※情報は2013年のものです。
今年はイギリスなどのヨーロッパ方面に旅行に行ってきました。

イギリスはPrepaid(Pay As You Go)のSIMがとても手に入りやすい、という噂を耳にしつつ、行ってみて試してみました。
とりあえずケータイキャリアのショップがいっぱいあるというOxford Streetへ。確かにキャリアショップ(Vodafone, O2, 3などなど)や、Carphone Warehouseのような端末(SIMフリーのもある)を売っているようなお店がいくつかありました。
ちょっと夕方遅めに行ったので、その中でも遅くまで営業していた3のお店へ。
店内にPay As You Goのパンフレットがあったので、それを見せながら『このPay As You GoのSIMください』といった感じで聞いてみると、SIMのサイズだけ聞かれて、特に証明書等も必要なくあっさり買うことができました。
また、お店だとトップアップ用のPINも一緒に買うことができ、その場合はWebでアカウント作成やクレジットカードの登録もいらずにトップアップできるので便利。とはいえ、店でSIMにトップアップしてくれるわけではなく、PINが印刷されたレシートを一緒に渡してくれるだけなので、自分でPINを入力しなければならないのですが…。
PINの入力は、SIMフリーのスマホに買ったSIMを入れて、ブラウザを起動しどこかのページに行こうとすると、強制的に3のページに行くので(ちょうど無料のWi-Fiサービスみたいなイメージです)、そこでトップアップしてしまえば完了(もちろん特番発信でも行けると思いますが、今回はWeb経由でトップアップしました)。
データ通信料は1MBあたり1pなので、ローミングより全然お得。
ロンドンに行くなら、SIMフリーのスマホで現地のPay As You GoのSIMを買うべき、といった感じですね。

ちなみに後で気が付いたのですが、SIMだけだと大きめのスーパーマーケットでも売ってました。
3のはショップで買った時と同じ、£1でした。

Img_6329_s
というわけで、こちらが3のSIM。有効期限が30日(だったはず)なので、次回はまた買い直しになりますね。入手が楽なので問題ないですが。

また、Pay As You Go向けの端末(SIMフリー版)も、上で書いたようにCarphone Warehouseなどで売っているので、買ってみるのもいいかもしれません。私もなんか買ってみればよかったかなー、と少し後悔中…。

2013.06.09

Haswell

メインマシンとして、Core2Duo E8400マシンを、当時E8400発売日の深夜販売で購入、組み立てて使っていたのですが、それからすでに5年…。
SSDを使いたいものの、SATA2だとイマイチという噂もあり、SATA3目当てで新しいマシンを作ることにしました。
ちょうどHaswellが発売日間近、ということで今回も深夜販売にて購入。
前回の深夜販売はT-Zoneだったわけですが、今回も何となく直系ということでBuyMoreで。
今回新規に導入したのは以下の構成。
 ・CPU:Core i5 4670K
 ・M/B:ASRock Z87 PRO3
 ・Memory:4GBx2 (A-DATA 2133)
 ・SSD: Samsung 840 120Gbytes
その他は今までのパーツの使い回しで
 ・blu-ray:LG BH14NS48
といった感じです。
Img_6202_s

前回は純粋なパフォーマンス重視のパーツ選定でしたが、今回はコストパフォーマンス重視でCPU、M/B、SSDを選定してみました。円安の影響もあり、Haswellは高いなぁ、という印象もあり…。
昔に比べるとゲームをすることも減り、i7が必要な場面もあまりなさそう、ということで。

OSもVista(32bit)からWindows8にすることにしました。
約1週間がかりでVistaの環境から入れ替えて(まだアプリは完全ではないですが…)、クロックなども定格でひとまず動作できるようにしました。

i5、i7世代になって、オーバークロックをすることがより普通になってきているので、今回はそのあたりもいじっていきたいと思っています。

2012.09.12

T-mobile(USA)のトップアップカード

前回のエントリのとおり、今年のアメリカ旅行ではT-mobileを利用しましたが、トップアップカードを試しに途中で買ってみました。
Fry'sという家電量販店で購入してみました。
$10のダミーのカードがぶら下がっていたので、それをレジに持って行って購入。ダミーのカードとレシートを渡してくれて終了。
『あれ?』と思ってレジのおばさんに聞いてみると、レシートにPINが書いてありました。てっきり銀色のを削る本物のカードがレジの裏から出てくると思ったのですが…。
ということで、最近(?)はレシートに印刷されるところもあるみたいですね。

Img_6168s
↑記念にダミーカードももらってきました。すごいメイク…。

2012.09.05

アメリカのPrepaidのSIMカード(2)

※情報は2012年のものです。
今年もアメリカに旅行してきました。とりあえずその時の通信事情について。
(昨年のはこちら→http://goma.tea-nifty.com/blog/2012/06/prepaidsim-9bb6.html

リンク先にも書いたように、今年はAT&TのPay As You Goプランがデータ通信を使うためには実質値上げっぽくなっていたので、T-Mobile(USA)を検討してみました。T-MobileのSIMもeBayで入手可能ですが、AT&Tのに比べると出品数が少なくて、タイミングによっては難しいかもしれません。実際私も、日本への送料が『Shipping not specified』つまり、よく分からん、となっているものから選んで、少しやり取りして何とか手に入れました。
ちなみにT-mobileはAT&Tと違って、Activation Kitが含まれているものでないとActivateできないようです(Activateするときに、SIMの番号の他にActivate Kitの番号が必要。AT&TはSIM番号のみ)。

で、日本でActivateしてみました。AT&Tとの違いはT-mobileはプリペイドでも日本でローミングして使えるので、いきなりWelcomeメッセージが来ること。Welcomeメッセージは無料ですし、こっちのほうが分かりやすくていいですね。その上、Welcomeメッセージが受信できたようにSMSが受信できるので、Web上でTopUpなどができるアカウントも日本にいる状態で作れます(SMSで初期パスワードが送られてくるのですが、T-mobileは日本でもSMSが受信可能なので確認できます。対してAT&Tはアメリカ国内でないとSMSが受信できないので日本にいる間にWeb上のアカウントを作るのは不可能。)。

とりあえず2012年8月現在のプランでは、T-mobieは1日当たり$2でデータ使い放題(ただし速度は2G=EDGE相当?)が使いやすそうなので、そのプランでアメリカ滞在中は運用していました。
T-mobileは使ってみると意外とAT&Tと遜色ないエリア、むしろ今回はT-mobileしか入らないところなどもあって、意外といけるな、といった印象でした。

なお、T-mobileのプリペイドプランはデフォルトでWeb Guardという、フィルタリングが実装されているようですが、スマホだとアプリ経由でtwitterやFacebookを閲覧/投稿する場合には問題ありませんでした。

Img_6167s
今回用いたT-mobileのSIM。絵柄は数種類あるみたいです。しばらく維持してみようかと検討中。

2012.07.09

タイヤ交換

先日タイヤ交換を行いました。
交換前のタイヤがこちら。

Dsc_0337_s

GOODYEARのEAGLE REVSPEC RS02で2009年8月に65,000kmで交換しました。
交換時で3年弱、135,000kmなのでライフとしてはなかなかいいのではないかと。ただ、運転席がある右側だけやっぱり減っています(写真は右フロントで一番減っていました)。

で、今回交換したのがこちらのタイヤ。

Dsc_0343_s

今回はPirelliのP-Zero NERO ASにしました。
うちの車のタイヤサイズは215/45R18なのですが、このサイズはP-Zero NEROではAll Seasonタイヤしか無いのでこちらにしました(北米からの輸入みたいです)。
All Seasonタイヤはうるさいかも、と交換前は少し不安でしたが、意外と静かで、減った状態の前のタイヤよりもよっぽど静かです。

とりあえず、前回のGOODYEARは回転方向指定だったので左右交換のローテーションができませんでしたが、今回のPirelliは内側外側指定で、ローテーションがうまくできそうなのできちんとしていきたいと思います。

«バッテリーの交換

Categories

  • くるま
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • デジカメ
  • パソコン・インターネット
  • 携帯
  • 文化・芸術
  • 文房具
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ