« March 29, 2009 | Main | June 6, 2009 »

2009.04.19

Atomで自作

ATOMのベアボーンを入手したので早速一台作ってみました。
手に入れたベアボーンはFOXCONNの『R11S2MI-BA』というもの。主なスペックは
 ・CPU: Atom 230
 ・Chipset: Intel 945GC+ICH7
という、まぁAtomマザー定番の構成。マザーボードはFOXCONNの45CTPというものらしいので、Atom 230のMini-ITXマザーで定番の『Intel DG945GCLF』とは違います。DG945GCLFとの違いは
 ・一応マザー単体ではファンレス(ケースに大き目のがついている)
 ・パラレルポートがついてない(いらないが)
といったところでしょうか。
このベアボーンはケースが少し大きめですが、その代わりに3.5インチのHDDが載せられ、かつ5インチの光学ドライブが載せられるところがポイント。というわけで、格安構成を目指し追加で以下のものをチョイス。
 ・HDD: WesternDigital WD6400AAKS (640Gbytes)
 ・メモリ: ノーブランド 2Gbytes (意味なくDDR2-800MHz…このマザーは533MHz駆動なので)
 ・光学ドライブ: LG GH22-NS30
という感じで、追加分は合計1万円程度に押さえ組み立てました。
ちなみに中身はこんな感じ↓。
Img_4002s_2
奥に見えている銀色のがCPUとNorthのヒートシンクと思われます。
完成状態がこちら↓。
Img_4004s_2
このベアボーン、メモリリーダが最初から付いているので何気に便利です。

というわけで、またパソコンが一台増えてしまいました。
ちょうど約1年前に作ったサブマシンとどうすみ分けるか検討中。前組んだやつのほうが実はCPU性能が高いようで…(Pentium Dual-coreのE2180)。ただ、体感上はHDDの速さが効いているのか、今回のAtomパソコンの方がさくさく動くイメージ。

あと不満点ですが、いろいろなところにも上げられているとおり、やはり出力としてHDMI or DVI-D端子が付いていないところ。それが付いていれば、テレビにつなげて使う、といった新しい用途に使えるのになぁ、と思っているところです。
(フルHDの動画を再生するのはAtomでは厳しいようですが…。)

« March 29, 2009 | Main | June 6, 2009 »

Categories

  • くるま
  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • デジカメ
  • パソコン・インターネット
  • 携帯
  • 文化・芸術
  • 文房具
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ